教育旅行

education

【教育旅行】吉里吉里国&地引網体験

先日、岩手県内の小学校「南都田小」50名の修学旅行の受け入れをしました。
「地引網体験」のご要望があり、大槌町観光交流協会としては、初の地引網体験を実施しました!

内容は、
第一部
吉里吉里国の作業場で、
ホタテ剥き体験
薪割り体験等吉里吉里国で遊ぶ
大槌町ガイド

をローテーション。
NPO法人吉里吉里国は、林業活動をしている団体。
薪割り体験の受け入れが定番となっています。
三陸の海の体験を求めている学校は、「薪割り」と聞くと、海に行っているのに林業?という反応をされることが多いですが、海の環境は森の環境と密接につながっています。
健全な森がないと美味しい海産物が育ちません。
という環境問題や震災のときのお話、貝殻と木を利用したハンドメイド体験などができ、来ていただいた学校はみんな「素晴らしかった!」と言ってくださいます。
そして、なによりそのロケーション!
吉里吉里漁港と吉里吉里海岸が目の前に広がる開放的な場所ですので、いるだけで気分があがり、子供たちもおおはしゃぎになります。
今回は、時間の関係で「ホタテ剥き体験」(→ご要望に応じてこういうのもできます)と「大槌町ガイド」の空き時間に吉里吉里国であそんでもらいました。

目の前に海が広がる吉里吉里国
まずは代表の芳賀正彦さんがみんなにお話
tたたkたかたタカマスベースの中村雅人くんが大槌産のホタテ剥きの先生をしてくれました。女子たちに大人気!
うまくできた子、ちょっとぐちゃぐちゃにしちゃった子と様々でしたが、みんな自分が剥いたホタテが美味しい!ととても喜んでいました
大槌産ホタテの大きさにもみんなびっくり!
大槌町のこと、震災のことなどをガイドしてくれたのは、小國夢夏さん。高校生のときに震災にあい、復興のために地元でずっとがんばってきた彼女らしさ満点のガイドでした
お話も真剣に聞いてくれました
ニワトリ小屋も珍しい!? いっぱい見学に集まってました
実はこのニワトリを絞める体験もできる吉里吉里国。生きる力・生活力も学べるんです。
やっぱり海を見るとバンザイしたくなるよね
yよよsよそよそう予予想以上に大人気だったのが、薪割り体験。はじめは消極的だった生徒さんたちがいつの間にか夢中になっていました
吉里吉里国のスタッフが安全に薪割りができるよう、ずっとサポートしてくれました。ありがとうございます

第二部 地引網体験
吉里吉里海岸で網をもっている漁師さんと今年からやりたいなあとお話ししはじめて、こんなに早く実現するとは思いませんでした!
スケジュール上時間がなく、今回は魚や海の説明などは省略しましたが、
みんなで力合わせて引いた網のなかに、魚がいっぱいいて、みんな大歓声!
喜んでもらったようで、漁師さんも笑顔になっていました。
お魚ガイドもいますので、今後もっともっとブラッシュアップして、子供たちに楽しくてためになる内容にしていきたいと思います。

第二部の会場は、吉里吉里国から歩いてすぐの海岸へ。ここからはガイドの大場くんが生徒さんのサポート
よいしょよいしょ、がんばれがんばれ
kここんな感じで引っ張るのですが、大槌の地引網体験の網は大きいのだ
かなり引かないと全体が映らない(笑)。小学生50人でもけっこう大変です。
近所の方達も何事かと見に来ていました
ううmうみシケが続いていて海が濁っており、魚入らないかもと漁師さんから言われていましたが、こんな小さな魚から大きめのものまでけっこう入ってました(ほっ)

最後に生徒さんたちからお礼の言葉をいただきました!

今回、内容のほとんどがぶっつけ本番的になっていましたが、無事に終わって一安心。
みんな、大槌の体験楽しんでくれたかな? また遊びに来てくれるとうれしいな。

そして、協力してくれた吉里吉里国、漁師さんたち、写真をいっぱい撮ってくれた北浦くん、
スタッフのみなさま、ご協力ありがとうございました!
7月にまた地引網体験の受け入れがあるので、晴れますように!

**************************************
大槌町観光交流協会では、教育旅行の受け入れ窓口もしています。
ジビエツーリズム、震災学習、吉里吉里国の体験、地引網、海洋学習、、、などなど、
ご希望のあったプログラムをご紹介、提供、コーディネートしています。
興味のある学校様、旅行会社様は、お気軽に観光協会へお問い合わせください。